「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2014年 06月 22日

お母さんはしつけをしないで  長谷川博一  草思社

「断定することが、すでに何らかの前提のうえに成り立つものであることを自覚しなくてはなりません」

「叱られすぎている子どもは、よけいに叱られるようなことをする」
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-06-22 15:25 | recommended books
2014年 06月 16日

割り込みに寛容

日本では割り込みをあまり見かけないが、この国では意外に割り込みに寛容である。
よく目撃されるのは車の列の割り込みで、割り込まれる方も待機してくれる。
その他、子連れや子供を優先するお店も多い。
子供がお腹をすかしのどを乾かしお菓子やジュースを持って並び我慢させるのは
可哀想だからだ。
女性も割り込める。割り込むと言うより、優先される。
エジプトでは女性専用切符売り場があったし、その他窓口でも列の一番初めに割り込める。
意外と女子供に優しい社会だ。
また、買う商品が少なければ、並んでいる人に声をかけ割り込める。
先進諸国と呼ばれる国々も見習えば良いのにといつも思う。
大体のルールはあるが、そのルールも時と場合により柔軟になればよい。
日本の様にルールが絶対的となると、弱い立場の人達が
否定されてしまう事があるからだ。
野蛮で古い宗教と思われがちなイスラームだが、軍隊でも商隊でも、先頭に立つ者は、一番弱い者であった。周りがその者に合わせる優しさである。(ここで注意すべきは、イスラームがそうだからといってイスラーム教徒がそうとは限らないということ)

いつの時代も、弱者に優しい社会が良い社会である。
日本は、いつから弱者を見捨てる国となってしまったのだろう。
日本人の心よいずこへ・・・
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-06-16 21:54 | daily life  中東の日常
2014年 06月 11日

声が一オクターブ上がるTVマン

元クラスメイトの裕福なTVマンに初めて電話をした時。
「アロー」
ずいぶん低い声で、機嫌が悪そう。
「アロー、こちらOOです、OO」
「え?! 誰?!?!」
・・・怒り気味・・・?!
「日本人のOO!」
その瞬間、ころりと変わり、一オクターブ高い声で
「あ~OO、元気~??」
・・・
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-06-11 22:16 | daily life  中東の日常
2014年 06月 11日

概念とは何か

何かに概念を持つと、それが事実となってしまう。
例えば、黒猫やカラスが不吉だ、という概念を作ってしまうと、
それが現実となる。
黒猫やカラスはただ存在するだけで何の概念も無いが、
悪い概念をつければ悪い現実が、良い概念を定義すればよい現実が生まれる。
そして、不思議なことに、良い概念を与えたその現実が悪化することは無い。
上の例で言えば、黒猫やカラスは黒い生き物である、という事実があるだけで、
何の概念も無いのだが、我々が概念を与えることにより意味が人それぞれに生まれる。
事実は一つなのに、幾多の概念が生まれるのだ。
その概念の定義は、それぞれの環境、価値観、宗教、教育、習慣、
または経験、トラウマ等により形成される。
つまり概念とは真実ではなく、単なる思い込みなのだ。
今自分の目の前にある現実は、全て自分で作り上げている、ということである。
ここに気付かぬ限り、相互理解は無く、世界恒久の平和も訪れないであろう。

相手を知ること、そして理解するためには、まず、自分自身を知る必要がある。
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-06-11 15:13 | daily thoughts 日々の思想
2014年 06月 02日

図書室でテロ・・・?!

某国立大学の図書室で読書していたところ、何やらおかしな鼻の感触・・・
ふと顔を上げると、教室中白い煙だらけ・・・!
生徒たちもパニックで、逃げ出す人達も(図書室で勉強する生徒はほぼ医学生)・・・
某地下鉄事件や、爆弾テロなどが頭に過ぎる・・・
煙も確かに変なにおい、化学薬品らしきおかしな臭い・・・
逃げるべきか・・・
一秒一秒が緊迫する・・・
とそのとき、ネクタイの男が窓を開けろ! と叫ぶ・・・
皆口と鼻を押さえている・・・
が、間も無く煙も消え、皆また勉強し始めた。

帰宅前に責任者に煙の件を聞きに行くと、
「ああ、上階のクーラーを付けたら煙が出たのよ」
・・・
その煙は一体何処を伝って来たのだろう・・・

あとで気づいたのだが、あの図書室は上階が無いのだった・・・
あの煙は、一体・・・?!
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-06-02 22:33 | daily life  中東の日常