「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 06月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2005年 06月 30日

Barbari & desert of Tamanrasset (Algeria) バルバル(ベルベル)人とタマンラセットの砂漠 (アルジェリア)


d0065502_11562849.jpg


d0065502_12244536.jpg
d0065502_12234845.jpg
d0065502_9455383.jpg







d0065502_9535482.jpg
d0065502_9571990.jpg








d0065502_102162.jpg
d0065502_9592255.jpg

d0065502_103472.jpg
d0065502_1075034.jpg

d0065502_1055424.jpg
d0065502_1010860.jpg







d0065502_10133154.jpg
d0065502_10163712.jpg
d0065502_10173459.jpg
d0065502_1018372.jpg








d0065502_10214397.jpg
d0065502_10225068.jpg
d0065502_10234029.jpgd0065502_10241399.jpg








d0065502_10273531.jpg
d0065502_10593927.jpg

d0065502_10281090.jpg
d0065502_1114559.jpg







d0065502_1044957.jpg
d0065502_10465357.jpg
d0065502_10475213.jpg







d0065502_10452958.jpg







d0065502_1053432.jpg



写真;タマンラセット アルジェリア (下から5番目の写真のみバハレーンのバルバルテンプル跡。海の写真は首都アルジェよりタマンラセット行きの飛行機からの風景より)
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-30 11:51 |  Barbari バルバル人
2005年 06月 30日

God 神

d0065502_448132.jpg






あなたを強制する存在は、絶対に神ではない。(奇跡講座 第8章 帰還の旅)


あなたの愛で甘く溶けてしまえたらいいのに
生きることの激しい苦味は容赦なく舌をさす
言いたいやつには好きなだけ言わせておけ
私にはただあなただけで十分なのだから
・・・
たとえ全ての者が敵になっても構わない
・・・
世界の全てが消えうせても
私にはあなたがいればいい
・・・
地上の全ては儚く消えうせる塵に過ぎない
あなたの愛に優るものなど一つもない

(「ムジャールス・サバア=メジャーリスィ・セバア」 マウラーナ著 -「神秘と詩の思想家メヴラーナ」より-)

わがしもべたちよ、
われについてそのようにあなた方の心を悩ませるな、
われについて悩めば悩むほど、あなた方の心は濁る
あなた方の心を清めるためにも、あなた方はむしろ喜び楽しめ。
あなた方が楽しめば楽しむほどに、わが心の輝きが、
あなた方の心を満たし潤すことだろう。
・・・
熱い からは良いパンが焼けるが、
窯が冷えていればパンは焼けぬ

(同著)





神=大いなる存在、創造者、法、ヤハ?(ユダヤ教では神の名前を唱えてはならないためここでも彼らを尊敬する意味で記さない)、アッラー、ホダー、God,Gods,真理、絶対超越神、絶対的エネルギー、母、彼、女神、父、絶対者ブラーフマンetc...

これらの呼び方はそれぞれが名づけたもの。しかし、名称にとらわれてはならない。本当は、”神”に、名前や、性別など、無いのだから・・・。


セム系宗教はじめ男性系で表現されることが多く男性的イメージが植えつけられそれを誇る男性も多いが
「昔の人は、タオ=大いなる存在 を、男性ではなく女性とみなしていました」 「人間が思考に支配され、神の本質から遠ざかるにつれて、神を「男性神」と考えるようになりました。社会は男性優位となり、女性は男性に従属する立場を強いられるようになったのです」 (「さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる」 エックハルト・トール著 あさりみちこ訳 飯田史彦監修 徳間書店)


人間界で言われるカーミル=完全者 とは、いわば成仏した人、”神”と一体となった人、と言葉を使えばこう表現できようが、そこには、男性性と女性性の完全知覚の完成があるのである。それこそが神性なのである。
「あなたがたが、二つのものを一つにし、内を外のように、外を内のように、上を下のようにするとき、――男と女を一人(単独者)にして、男を男でないように、女を女(でないよう)にするならば、――一つの目、手、足、像の代わりに一つの目、手、足、像をつくるときに、そのときにあなたがたは、(御国に)入るであろう」(22)
「私たちが男性性と女性性をたずさえて生まれてきた責任――つまり本当の自分自身を発見…」(ラスト・バリア)


「もしも「神」という言葉に対して強い嫌悪感を持っているなら、・・・ある言葉が自分にとって都合が悪いなら、その言葉をさっさと捨てて、自分にとって都合のいい言葉におきかえればいいんです」(さとりをひらくと人生はシンプルで楽になる)

イスラームにおける代表的な99の神の御名
Allah,The infinitely Good,The Merciful,The King,The Holy,The Flawless,The Faithful,The Guardian,The Eminent,The Compeller,The Proud,The Creater,The Producer,The Fashioner,He who is full of forgiveness,The Dominator,The Bestower,The Provider,The Opener,The Omniscient,He who contracts,He who expands,The Abaser,The Exalter,The Honourer,He who humbles,The All-Hearing,The All-seeing,The Arbitrator,The Just,The Benevolent,The Totally Aware,The Mild,The Tremendous,The All-Forgiving,The Grateful,The Most high,The Great,The All Preserver,The Nourisher,The Reckoner,The Majestic,The Generous,The All-Observent,The Answerer of prayer,The Vast,The Wise,The Loving Kind,The All-Glorious,The Raiser of the dead,The Universal witness,The Truth,The Guardian,The Strong,The Firm,The Patron,The Praised,The knower of each separate thing,The Beginner-Cause,The Restorer,The Life-Giver,The Slayer,The Living,The Self-Existing,The Resourceful,The Magnificent,The Unique,The Eternal,The All-Powerful,The All-Determiner,The Promoter,The Post poner,The First,The Last,The Manifest,The Hidden,The Ruler,The Exalted,The Doer of Good,The Ever-relenting,The Avenger,The Effacer of sins,The All-Pitying,The King of Absolute sovereignty,The Load of Majesey and Generosity,The Equitable,The Uniter,The Rich,The Enricher,The Protector,The Punisher,He who benefits,Light,The Guide,The Absolute Cause,The Everlasting,The Inheritor,The Right in Guidance,The Patient


cf: 「AL-GHAZALI THE NINETY-NINE BEAUTYFUL NAMES OF GOD al-maqsad al-asna fi sharh asma 'Allah al-husna」 translated with Notes by David B.Burrell and Nazih Daher, The Islamic Texts Society, UK

写真;「緑の宇宙」 本田孝一作品  宗教法人 イスラミックセンター ジャパン 発行物より
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-30 04:48 | God 神
2005年 06月 30日

Sri Ramakrishna シュリ・ラーマクリシュナ


シュリ・ラーマクリシュナは、彼の母(カーリー神)により真理を得、更にはキリスト教とイスラーム礼拝によってもそれぞれ真理を得、全宗教は結局一つの真理からなることを自ら“知った”(証明した)という。

日本ヴェーダーンタ協会(ラーマクリシュナ・ミッション日本支部)
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-30 04:37 |  Ramakrishnaラーマクリシュナ
2005年 06月 21日

・Izidi Zoroastrianism  イズィーディー・ゾロアスター教


d0065502_13462286.jpg

[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-21 13:47 | ・IzidiZoroastrianism
2005年 06月 21日

Nippon (Japan) 日本

               
                                 「和魂漢才」
 


「日本固有の精神と中国渡来の学問。日本固有の精神を失わないで、中国の学問を消化・活用すべきである、の意」(大辞林 第二版)



この精神で、日本は、あらゆる海外の文化を、日本式に取り入れ、文化的に成功したといえるであろう(P )が、政治のシステムは、文化のように上手く消化されず、今のような困難に陥ってしまった。
「アメリカ式の政治システムをそのまま日本で施行したから限界にきた。日本の政治は日本式でなければならない」 松下幸之助氏のNHK特集でのインタビューから、発言の要旨(松下政経塾 研修塾 塾頭 古山和宏氏による2007年8月29日の山口における市民大学教養講座「松下政経塾の人材育成」による)
参照;松下政経塾



以下は、日本の写真
                  

d0065502_975296.jpg
d0065502_984635.jpg







d0065502_12202081.jpg
d0065502_1218869.jpg







d0065502_12183450.jpgd0065502_12195172.jpg








d0065502_12204958.jpgd0065502_12212247.jpg







d0065502_12214916.jpg
d0065502_9441699.jpg







d0065502_12224319.jpgd0065502_12231348.jpg







d0065502_12241469.jpg
d0065502_12234566.jpg







d0065502_1226331.jpgd0065502_1227394.jpg







d0065502_1228719.jpg
d0065502_1228462.jpg







d0065502_12303511.jpg
d0065502_12354267.jpg







d0065502_12313331.jpgd0065502_123244.jpg








d0065502_918384.jpg
d0065502_9243483.jpg







d0065502_12342677.jpgd0065502_1235199.jpg







d0065502_12361283.jpgd0065502_1236476.jpg







d0065502_12373234.jpg
d0065502_12385854.jpg







d0065502_12393143.jpg
d0065502_12381780.jpg







d0065502_1331886.jpgd0065502_862967.jpg







d0065502_873380.jpg
d0065502_9365967.jpg







d0065502_893490.jpgd0065502_8272034.jpg









d0065502_5164651.jpg

[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-21 12:39 | Nippon(Japan) 日本
2005年 06月 21日

Shinto 神道

d0065502_11314624.jpg
d0065502_11323366.jpgd0065502_11333842.jpg






d0065502_1272543.jpgd0065502_128666.jpg






d0065502_1283752.jpgd0065502_12992.jpg










興味深い記事を見つけた。
「幕末に尊王思想が広まった原因のひとつに、欧米列強がキリスト教をバックボーンとしてアジアに進出していることがあった。平田篤胤や大国隆正などの国学者は、日本の神道をキリスト教に対抗し得る世界神学に改造する研究を行い、天皇を絶対視する一神教的(ユダヤ教的)神道観を構想した。これを明治政府が採用し、欧米と対峙するバックボーンとしながら庶民の宗教生活を統制し、仏教界の既得権益を排除した。」

(「宗教と国家の蜜月」 小池壮彦 「宗教」 より  ミリオン出版 2013年4月5日)


もしや、神道とユダヤ教との類似、日ユ同祖論の大元は、これか・・・?
しかし、参考文献や何らかの裏づけ資料等は有るのだろうか・・・ 
それとも、周知の事実か・・・ 
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-21 11:36 | ・Shinto 神道
2005年 06月 20日

Ibn Arabi イブヌ・アラビー


d0065502_1442411.jpg


              「アッラーアッラーアッラーアッラーアッラー」 彼の波動がを称えている




宇宙的な生命のエネルギーが全世界を貫流し、あらゆるものが生々躍動している。石ころのようないわゆる無生物も生きている。

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「ルーミー語録」より-)


優れたイブヌ・アラビー研究所; BESHARA
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-20 14:05 |  ・Ibn Arabi イブヌ・アラビー
2005年 06月 20日

・Kakai カカイー教

d0065502_12142880.jpg


カカイー教のシェイフ(P200) ハラブチャ




後に、たまたまかかった内科医がモースル出身のトルコマン人で、カカイーとはクルド語でشيخي我が導師を意味し、彼の見解ではالصابئةサービア教ではないかとのことだった。彼の元に連れて行ってくれたペシュメルガからはそのようには聞かなかった。ちなみに、サービア教の経典はالمزاميرマザーミールである。彼らの預言者はダビデであり、مستنقعات الاهوار بين العراق و إيرانに多く住むという。

なお、なぜクルド人は、世界共通の名称ヤズィーディーをイズィーディーというのか、とずっと疑問だったが、その内科医によると、アラブ語のヤはクルド語ではイとなるそうだ。
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-20 12:17 | ・Kakai カカイー教
2005年 06月 20日

・circumcision 割礼


d0065502_12105522.jpg


「それが役に立つなら、彼ら(子供たち)の父が彼らを彼らの母(の胎)から割礼をして生んだであろうに。しかし、霊における真の割礼が全き効果を見出した」(「トマスによる福音書」{53}より)
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-20 12:11 |  circumcision  割礼
2005年 06月 20日

gnosis sect グノーシス派

d0065502_11544958.jpg


グノーシス=覚知 知識
グノーシス者=覚知者





尚、聖書の真意は「奇跡講座」を参照
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-06-20 11:55 |  gnosis sect グノーシス派