「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:  ・Sayedna Abu-Bakr( 1 )


2006年 04月 01日

Sayedna Abu-Bakr サイードゥナー・アブー・バクル

                       「أنا مدينة الصدق و أبو بكر بابها」


                        أعوذ بالله من الشيطان الرجيم
                        بسم الله الرحمن الرحيم
              إذ يقول لصحبه لا تحزن إن الله معنا فأنزل الله سكينته عليه و أيده,بجنود

                          صدق الله عظيم


「かれは、只一人(の同僚) と、2人で洞窟にいた時、その同僚に向かって「心配してはならない。アッラーはわたしたちと共におられる。」 と言ったその時アッラーかれの安らぎを、かれ(アブー・バクル)に与え、あなたがたには見えないが、(天使の)軍勢でかれを強められた。」 (悔悟章40)

(聖クルアーン 宗教法人 日本ムスリム協会 発行)

「アブー・バクルがほかの人々を抜いてあの尊位に据えられたのは、礼拝や断食や喜捨をたくさんしたからではない。彼の心の奥底にしっかり根を下ろしたもののためである」 …彼の心の中に神寵が宿っていたからである。ここで神寵とは神を愛し慕う心の意だ。

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「ルーミー語録」より-)



過去の罪も参照
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2006-04-01 20:10 |   ・Sayedna Abu-Bakr