「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: sahaba サハーバ( 1 )


2005年 07月 30日

sahaba サハーバ 預言者ムハンマドの教友たち

d0065502_113167.jpgd0065502_1132159.jpg









「。。。もし、あなた方の目がかの教友たちに向けられても、彼らは皆、あなた方の目にはただの狂人としか映らないであろう。もし、彼らがあなた方のことを知るようなことがあっても、あなた方のうちのただ一人もムスリムとは見なさなかったであろう。彼ら教友たちは、先を行く者たちであったのだ。馬に乗って鳥や風のように足速に立ち去って行ったのだ。一方、我らは、背に傷を負った驢馬の上で、ただ、立ちつくすのみだ」

(「イスラーム神秘主義 聖者列伝」 ファリード・ゥッディーン・ムハンマド・アッタール著 藤井守男訳 国書刊行会 より)


サハーバ;スンナ派 預言者ムハンマドに一度でも接した人々(教友)をいう。
       (イスラーム神秘主義では、夢の中で接した者もサハーバとなり、女性はサハービーヤである。) 
       シーア派 ・・・ 12イマーム派   5人しか認めない(確認中)
                 他派         (確認中)   

写真;左 たまたま見つけたサハーバの廟 ダマスカス旧市街
    右  最初のムアッザン 教友ナビールの廟 アハル・アル=バイトの多く眠るバーブ・アル=サギールに位置するため、イラン人の巡礼者たちが嘆きの短歌を歌い涙を流して嘆いていた。なお、ほとんどのサハーバが、バクィーア(シーア派12イマーム派にとっては悲劇の象徴)に眠る。
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2005-07-30 12:35 |  sahaba サハーバ