「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: theProphet 預言者ムハンマド( 1 )


2006年 04月 10日

the Prophet 預言者ムハンマド

أعوذ بالله من الشيطان الرجيم     
بسم الله الرحمن الرحيم
                    و بالحق أنزلنه و بالحق نزل و ما أرسلنك إلا مبشرا و نذيرا
「われ= はこの(クルアーン)を真理をもって下したので、それは真理によって下った。そしてわれ=神 は、吉報の伝達者、 または警告者としてあなた=預言者ムハンマド を遣わしただけである。」
                              صدق الله العظيم                      「夜の旅章105」            

d0065502_1352872.jpg



d0065502_10595.jpg



ムハンマドを讃えることは結局神を讃えることだ。これはちょうど、誰かが次のように言う場合に似ている。「が王様に長寿をお授けくださいますように。それからまた私を手引きして王様に近づけてくれた人にも」と。あるいはまた、「それから私に王様の名前と性質とを教えてくれたあの人にも」と。

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「ルーミー語録」より-)

預言者は、彼の信仰を嘲る言葉を投げ付けられた時でさえ、決して反論はしなかった。その言葉を投げかけた人が、その人自身の宗教によって正しく導かれるよう祈ることを選んだ。
預言者は、誰に対してもまずは友情をもって接した。ユダヤ教徒の友人が病に倒れたときには、その枕元へと見舞いに訪れることを友情の証とした。

(「神秘と詩の思想家メヴラーナ」より)


気高い心を持ち神の声を聞く預言者でさえ
あなた方と寸分も変わらぬ姿をしておられた。
彼の肉体は、塵のように地上へと舞い落ちたとしても、
彼の精神は、最も高く舞い上り天空を旋回し続けている。

(「マスナウィー=メスネヴィー」 マウラーナ著 -「神秘と詩の思想家メヴラーナ」より-)

・・・最初はただひたすら神の思いに沈潜していたが、その後「人々を(イスラームに)喚べ。彼らに忠告を与えよ。彼らの生き方を改善せよ」との神命が下ったのだった。・・・「ああ主よ、どのような罪のかどで私を御前から追い払い給うのか。私は他人のことなどかまいたくもございませぬ」。神は答え給うた、「ムハンマドよ、悲しむでない。お前が人々の世話に献身したとて、わしは決してお前を見棄てはせぬ。・・・」

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「ルーミー語録」より-)

神には2つの根本的属性がある。一つは威怒、他は慈悲、預言者はその両方の属性が同時に現れる場所。信仰者は慈悲の現れる場所。無信仰者は威怒の現れる場所。
・・・本当の信仰心を持つ者は預言者の中に己れを見、己れの声を預言者の声に聞き、己れの匂いを預言者の匂いに嗅ぐ。

(同著)



写真;上より ハリーファ・アブー・バクル、ハリーファ・ウマルと共に眠る彼の廟 マディーナ サウディ・アラビア(サウジアラビア) http://www.mahrum.com/forums/index.php?&act=ST&f=48&t=3077 より転載 と彼の名  マスジド・イマーム・アリー・ゼイナルアーブディーン カイロ エジプト
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2006-04-10 04:24 |  theProphet 預言者ムハンマド