「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:In graduate school( 2 )


2015年 11月 13日

勉強って、楽しいな!

大学院で学んで、とても興味深く面白かった科目を幾つか挙げようと思う。

・فقه اللغة

言語法理学、とでも訳せようか。
言語はどこから来たか、という、各学者の議論が面白かった。

主たる3つの意見
1-神による完全たる創造。
2-神に伝授され、その後人間が発達させた
3-自然に帰する

アル=イマーム・アル=アルバーニー派のプライベートの先生とは、2と3を合わせた意見が妥当であろうと至った。


・القراءات القرانية و القرائات الشاذة

Qira'atと、アッシャーッザ
日本語が見当たらないので、英語とアラビア語のリンクを・・・。

うちの学科は、クルアーンのアル=クィラーアート=読み方 に力を入れ、第三カリフのオスマーンが現存するクルアーンを作りそれ以外の読み方をシャーッズ=正しくない と定める以前の、様々な読み方を学んだ。
教材は、サウディアラビア及びクウェイトの、ウスールッディーン学部のものを使った。勿論、何故そう定められたのか、どういった読み方が正しいのか等、アル=クィラーアート の諸学についても学んだ。

イブヌ・ジンニー による、アッシャーッザ のアル=クィラーアート の解説は、大学院で学んだ中で一番面白いもので、誰々のこの読み方はこうこうこう解釈し、よって正しい、等という、文法的反論が大変興味深かった。
大学院の最後の方はイブヌ・ジンニー祭りで、彼の様々な分野での色々な解釈や意見がとても面白く、ファンになってしまった。


・المدرسة البصرية و المدرسة الكوفية

バスラ学派と、クーファ学派の文法解釈の違い

ギリシャ哲学の影響を受けたバスラ学派と、その影響を直接受けなかったクーファ学派の、あらゆる文法解釈の違いが面白かった。バスラは主に سيبويه スィーバウェイ、 クーファは主に الكسائي アル=ケサーイー とその弟子 الفراء アル=ファッラーゥ による。
エジプトでは、エジプト人はもちろん、モロッコ人やイラク人、シリア人に色々な古典書を文法解釈付で学んだが、同じ文章でもそれぞれ解釈が違い、どれが一体正しいのかと不思議に思っていたが、大学院でこれを学び、彼らが其々バスラ的解釈、及びクーファ的解釈に沿っていたことを知り、いまだに国や学者によって解釈の違いの名残があることを知れただけでも、大学院に入った意味があった。
教授達は皆一様に私はバスラ派だ、と述べたが、私はクーファ派が好きだ。


・التأثير الإغريقي في النحو العربي

ギリシャ哲学がアラビア語の文法に与えた影響

ギリシャ哲学と、イスラーム哲学の違いが興味深かった。


・الاستصحاب الحال

文法解釈の法


・التطور اللغوي

これは母校であるエジプトはアインシャムス大学の教授が書いた本で、セム語やハム語から派生したアラビア語の単語などを説明しており、カイロ大学では東洋言語学科でセム語やハム語が必修科目だった為セム語及びハム語比較がとても好きで、古代シリア語や古代エチオピア語のアルファベットの復習にもなった。(ヘブライ語学科だったため、10数年経った今でもヘブライ語は忘れていなかった!)


他に、近代西洋の言語学を各学派や学者ごとに学んだ。
言語心理学が特に面白かった。

勉強が進むにつれ、日本語はおろか英語でもウェブ検索できなくなり、私自身日本語が母国語でアラビア語は非常に頭を使うのだが、専攻に限ってはアラビア語で学んだので今度は日本語での理解が困難となった。フェルディナン・ド・ソシュールやノーム・チョムスキー、レナード・ブルームフィールド等の学者の本は日本語では何語か分からなくなるほど難解だが、アラビア語だとぐんと易しい。


実は大学院は入ってすぐにやめる決意をしたが周囲に止められ、また一人の素晴らしい教授によって、勉強を続けてきたが、最後の最後にぐんと面白くなった。

勉強は、本当に面白い!
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2015-11-13 00:57 | In graduate school
2014年 05月 18日

K先生

K先生は、突っ込みどころ満載なのだが、

・バスラ派支持であり、バスラ派・クーファ派以外に学派が無いと言い切る(知人の教師はバグダード派であり2大学派と異なると強く主張しているが)

・授業中目が合う度に「元気?」と聞いてくる・・・

・オスマン朝が大好きで、滅亡を欧米のみのせいだと言う・・・

・アラビア語は翻訳できる言語でなく、クルアーンの翻訳などあってはならず、
 全世界のイスラーム教徒はアラビア語習得を義務とすると考えており、非アラブに奉仕するために、アラ ブ人はアラビア語の著書を増やすべきだと言う・・・

・非アラブのイスラーム教徒たちは、シーア派イランをはじめ、イスラーム以前の思想や宗教、風習がある為、純粋なイスラームではない、と言うが、それはアラブも同じことではないか・・・

云々
[PR]

by emi_kikuchi_jp | 2014-05-18 01:41 | In graduate school