「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:  他人の過ち( 1 )


2007年 08月 18日

faults of the others  他人の過ち


例え何が起ろうとも、それらはすべてあなた自身から生ずる。ならば原因となるあなた自身をまずは鍛えなさい。あなた自身の魂を、丹誠込めて、調律しなさい。そうすればあなたは誰とも争わず、不協和音を奏でずに澄むようになるというもの。

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「神秘と詩の思想家メヴラーナ」より-)

あらゆる人を愛するのだ。そうすれば常に花咲く園の中にいられる。あらゆる人を敵と見れば、数限りない敵の姿がまなかいに浮んで、夜となく昼となく荊棘と蛇の中を彷徨うようなもの。
 さらばこそ聖者がたはあらゆる人を友とする。全ての人をやさしく見詰める。・・・結局自分のためにそうなさるのである。・・・どうせ人々を思い出し思い浮かべるなら、全てが愛おしく懐かしいものとして心に映ずるよう、憎らしくおぞましいものの姿が我が行く道を妨げぬように、と努めておられるのである。

(「フィーヒ・マー・フィーヒ」 マウラーナ著 -「ルーミー語録」より-)

どんなことが起ろうと、己れ自身を責めるがよい、そうすれば毎日誰かと喧嘩することもなくて済む。

(同著)
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2007-08-18 15:16 |   他人の過ち