「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ: sect  宗派( 1 )


2007年 08月 18日

sect 宗派


・・・宗教解釈の相違によるいくつかの学派が存在する。・・・メヴラーナはこれらの学派の違いをも一蹴している。全ての学派の根底に流れるものが愛である以上、表面上の差異は問題にならないというのがその理由である。
・・・こうした学派の一員を名乗る者とは、宗教の形式に心を奪われたものであるということである。彼らは・・・批判しあうことに夢中になるあまり、・・・宗教の本質を忘れている。・・・どの学派であれ、誠実さをもってひたすら神と向き合う術を教えることが何よりも優先されるべきなのである。

(「マスナウィー=メスネヴィー」 マウラーナ著 -「神秘と詩の思想家メヴラーナ」より-)

この世は遊び場、やがて死という名の夜が訪れる。
財布は空っぽ、疲れ果てて家路をたどる。
宗教があなたに支払う報酬とは、愛、そして限りない自己の成長である。
それに比べて、抑制効かぬ我欲が何をあなたにもたらしたというのか。
全てあなたの手からすべりおちて、消え行くものばかりではないか。
頑なな者よ!
成長の度合いに応じて、受け取る神の光の度合いもまた違うことを知れ。

(同著)



宗教も参照
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2007-08-18 15:07 |  sect  宗派