「中東にて」 菊池絵美 in the Middle East  by  Emi Kikuchi

emikikuchi.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 16日

イズィーディー教=ヤズィーディー教

勉学に追われニュースを追わずネットを見る時間もあまり無いのだが、久しぶりに見たらヤズィーディー教徒という単語が日本のニュースに日本語で目に入り驚いた。というのも、サッダーム・フセイン時代に国外追放となったイラク。カイロ大学の学生時、イラク戦争が始まり、サッダーム政権の崩壊直後、自身の宗教宗派探求の為イラクに飛び、その後何回も訪れ、その時の体験は著書に記した。そこに記されている、イズィーディー教というのが、所謂ヤズィーディー教の事なのだ。イスラーム教徒は皮肉を込めてヤズィーディーと呼ぶが、彼らはクルド語発音でイズィーディーである。ここでは日本の表記に沿いヤズィーディーと記す。

悪魔を崇拝すると聞いたので、興味を持ち彼らの聖地に訪れた。クルディスタンではホテルに行く前に必ず車に同乗した人々がホテルに行かせず家に滞在させてくれたのだが、彼らも同様で、ヤズィーディー教徒であるモースルからのタクシー運転手の家に一泊後、聖地に連れて行ってもらい、彼らの最高宗教指導者たちと暫く衣食住を共にし、彼らの聖者達の聖廟の屋根で瞑想に耽ったのだった。

その後はシリア北部ラッカ郊外のヤズィーディー聖人一家の家に滞在。ヤズィーディーには王家の様な制度があるのだが、彼らは皆王家の血統で、王家としか結婚できないが、その聖人はゾロアスター的イズィーディーであり、王家以外でも結婚できるといい、これから信者のいるシベリアに行くのだが同行してくれないか、と、プロポーズされたことを思い出した・・・。と言っても彼は既婚者であったが・・・。彼と共にアレッポの信者の家に同行した際は、彼と同様信者に敬われ戸惑ってしまった。彼の信者と共にアレッポ空港まで見送りに行き、最後までチケットを渡したら来てくれるかという彼にお別れを告げた後、また彼の家に戻り暫く滞在。その後彼の親戚にラッカまで送って頂いたのだが、別れ際に真面目な顔で「僕はプリンスだから親戚としか結婚できない。君の様なお嫁さんを貰えます様に」と手にキスをされたのだった・・・。(20代前半の他愛無い昔話である・・・)

ヤズィーディー教徒のニュースを目にし、彼らとの思い出が蘇って来て、急ぎ著書を探し出し、彼らについて記してあるページを思わず読み返してしまった。すっかり忘れていたのだが、アッシューリー=アッシリア、カルダーニー、アルメニア、スリヤーニー=シリア正教、ナストーリー、アラミー=アラム各派の教会にも訪れ、夫々彼らと共に過ごしたとあり、うっすらと彼らの思い出が蘇ってきた。カイロ大学では、ヘブライ語学科だったのだが、ペルシャ語に古代エチオピア語、古代シリア語が必修科目で、聖書を古代ヘブライ語や古代エチオピア語で学び、イエス・キリストの言語であった古代シリア語を少し知っていたことで、彼らにとても喜ばれたのだった。とても優しくて素敵だった彼ら。今この時を、どの様に過ごしていることか。彼らは無事だろうか・・・。そして、10年前の自身の記述に改めて納得した次第であった。「サッダームがこの異民族を不当でも統一し続けた偉業を今更理解した」

クルアーンには、「貴方方には夫々宗教があり、私には私の宗教がある」(アル=カーフィルーン章109-6) 「宗教に強制があってはならない」(アル=バカラ章2-256) とあるので、戦闘員でない異教徒達が何故ニュースにある様に迫害されているのか疑問なのだが、元バアス党員も合流しているとの事で、長年のクルドへの怨念もあるのだろう。政治的な言及は中東で学生をしている為これ以上は控えるが、ともかく、「イスラム国」のニュースを耳にして、ヤズィーディーの人達と、また、シリア北部に住む、サッダーム・フセインの親戚で、これまた家に長く居候し沢山の事を学んだが、まるでイギリスのミュージシャンの様な容貌で恋に落ちてしまった為に苦渋の決断で彼との袂を分かった、スーフィー導師である部族長の安否を、気遣うのであった・・・。部族長一家とは不思議な運命で、お互いにまるで生まれる前から知っている様に心から平安を感じあった為、彼の弟である政治家との結婚話も持ちかけられたが、あの時彼の妻となっていたら、今頃大変なことになっていた・・・ と読み返してみると、ただの恋バナとなってしまった・・・ 


・・・ヤズィーディー教徒と、サッダーム・フセインの親戚である部族長の安否・・・?! 全く正反対の現状であり、きっとお互いに憎悪の対象ではないか・・・ ここに、日本人である自身の特殊な立場が改めて浮き彫りとなるのであった・・・ 


そういえば、バグダードで居候した政党党首の家、バッシャール・アル=アサドとのツーショット写真を壁に飾っていた・・・云々
[PR]

by Emi_Kikuchi_jp | 2014-09-16 14:53 | daily life  中東の日常


<< アラブ人とイスラエル人が友達に...      ダイビング >>